2007年01月15日

●●で継続的に月30万は確実に入金される!

「●●で継続的に月30万は確実に入金される!」
http://mag-zou.com/report_get.php?id=m1000002026_3&n=m1000000966

「●●」って一体何だ?
このレポートのタイトルを見た時にきっと誰もが思うことだろう。淫らなことだろうか。それとも違法行為だろうか。そんなレポートを配布して大丈夫なのか。いろいろ心配してしまう人も多いだろう。
しかし、心配ご無用である。
「●●」とは要はアフィリエイトのことだった。一通り読んだ筆者が言うのだから間違いはない。

このレポートは、要はアフィリエイトサイトのリンク集だ。全15ページのうち8ページがURLが書かれているだけのページだ。
ただ、「今までのアフィリエイトと違う活用をすることで自動的にお金が入ってくるシステムを自動的に構築します」と冒頭で宣言している。その「今までとは違う」ところは、おそらく特殊なソフトを利用することなのだろう。

アフィリエイトを申し込む時には氏名や住所やメールアドレスなどなど、それこそ何回も入力するのが嫌になるほどの情報を、一つのアフィリエイトサイトに申し込む度に入力しなければならない。いくつものサイトに申し込むとなるとそれだけで重労働だ。
それを解消するフリーソフトがあるのだ。そのダウンロード先がこのレポートには書いてある。それを入手することから「今までとは違う」ことが始まるようだ。

「一生懸命アフィリエイトURLをサイトに貼りつけても報酬に繋がらなかったり……そういうのはもう卒業しませんか?」
なかなか魅力的な謳い文句である。どのような画期的な方法を提示するというのか、興味津々で読み進めると、こう書いてある。
「これがダメなら次!って気持ちを切り替えましょう!」
つまり、レポートの半分以上を占めるリンク集を利用して、ドンドンアフィリエイトを乗り換えていこうということらしい。……それは、たとえ自動入力ソフトを利用してもかなり根気の要ることではないのだろうか。

早いうちに土台をしっかり固めていきましょう。
とにかくあなたのIDの入ったURLで宣伝することです!
頑張ればもっと稼げるようになりますよ。
そのように煽っておいて最後に登場するのは、
「★新ネットビジネスで0円から月100万稼ぐ成功法★」
私(著者)が販売しているe-bookだそうだ。

つまり、このレポートはたくさんのリンク集が付いた広告だった訳である。
巧妙と言おうか厚顔と言おうか、筆者はため息を禁じえなかった。

「●●で継続的に月30万は確実に入金される!」
http://mag-zou.com/report_get.php?id=m1000002026_3&n=m1000000966
posted by sanjo at 16:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アドセンスの掲載注意点【和訳編】

「アドセンスの掲載注意点【和訳編】」
http://mag-zou.com/report_get.php?id=m1000003251_1&n=m1000000966

まずタイトルに難しい言葉が出てくる。「アドセンス」とは一体何か?
このレポートでの説明によると、アドセンスとは「1クリック数円から数百円になる完全クリック型の広告です。1クリック数十円から数百円の画期的なクリック保証です」とのこと。
つまりはアフィリエイトなのか?と思いきや、「アドセンス」とは「Google Adsense」グーグルアドセンス、検索エンジンのグーグル社が提供しているクリック型広告なのだ。

このグーグルアドセンス(以下アドセンス)を導入する際に注意すべき点があり、それはグーグル社の「プログラムポリシー」に違反しないことらしい。
実に当たり前のことのようだが、グーグル社の取り締まりは非常に厳しく、違反すると即刻アカウントを削除される場合もあるとのこと。それを回避するために、このレポートは作成されている。

アドセンスのオフィシャルページは全文英語で書かれている。学校教育で英語を学ぶとは言え、英文を読んですぐに十分な理解を得られる人も少ないだろう。
有難いことに、このレポートでは警告文等のプリントスクリーン図版を用いながら、その部分の英文を和訳してくれているのである。タイトルの「アドセンスの掲載注意点【和訳編】」とは、こういうことである。

グーグル社の拠点であるアメリカは訴訟社会の国だという。だから、突っ込みどころなどたとえ小さなものでも発見されないよう、規則やそれに類するものは非常に細かく書かれている。アドセンスのルールもやはり同じで、その細かなルールに違反しないようにするためには、やはりルールを熟読しておくことが必要だ。
アドセンスを利用したい。そういう人のためには非常に役立つレポートであることには違いないだろう。

だが、アドセンスを利用して稼ごうと言う人は、一体どれくらいいるものなのだろう?
少なくとも筆者はこのレポートに出会うまで「アドセンス」というものを知らなかった。

「アドセンスの掲載注意点【和訳編】」
http://mag-zou.com/report_get.php?id=m1000003251_1&n=m1000000966
posted by sanjo at 15:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『嫌な気分を一瞬で変える方法!』

『嫌な気分を一瞬で変える方法!』
http://mag-zou.com/report_get.php?id=m0000209614&n=m1000000966

これはこれは、またスピリチュアルなタイトルのレポートだ。情報商材と呼ばれるレポートも多種多様なのだと唸らせられる。また、誰もが僅かにでも興味を持つ題材を扱ってもいる。「嫌な気分」を経験しない者などいないし、「嫌な気分」は少しでも早くなくしたいと誰もが思っているからだ。

このレポートでは、その「嫌な気分」を意識的に早くなくす方法を説いている。NLP(神経言語プログラミング)心理学という難しい学問を引き合いに出し、この方法が極めて有効であることを訴えている。
その具体的な方法は「感情のボタン」を作ることだということだ。

過去の「楽しかったこと」を複数選び出し、自分の身体のどこかを何らかの方法で触れるとその楽しかったことが想起されるように訓練するのだ。自分の身体に触れ楽しかったことを脳裏によみがえらせる、それが「感情のボタン」だ。嫌な気分になった時にその「感情のボタン」を使えばすぐに「楽しかったこと」がよみがえり、「嫌な気分」が消えると言う寸法だ。

さてさて、理論は正しいようにも見えるし、方法も難しくはないように思える。しかし果たしてこのように簡単に「感情のボタン」は作り出すことが出来、また思うように機能するのだろうか。
立ち戻ってレポートの前書き部分に目をやると、このレポートの著者は自分の友人・知人50人に紹介し、2人を除いて成功した、つまり成功率96%を主張している。そして上手くいかなかった2人に共通するのは「疑い深いこと」だと。

心の底から信じれば、素直になって実践すれば上手くいく、というのである。何やら神がかりなものを感じてしまうが、「病は気から」という言葉もある。気持ち一つで自分を律することが出来るならどんなに素敵だろう。そう思う人はこのレポートを読んで実践するのもいいのではないだろうか。


『嫌な気分を一瞬で変える方法!』
http://mag-zou.com/report_get.php?id=m0000209614&n=m1000000966
posted by sanjo at 15:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【あなたの愛車もカスタム仕様!】  ネットでパーツ代を稼ぐ極意!!

「【あなたの愛車もカスタム仕様!】  ネットでパーツ代を稼ぐ極意!!」
http://mag-zou.com/report_get.php?id=m1000003776_1&n=m1000000966

自動車大好き改造大好きのインターネットユーザー向けレポート、と言ったところなのだろうか。タイトルからはそのように窺える。
最初は自動車改造大好きな人が改造パーツを手に入れるために純正パーツをネットオークションに出すところから、このレポートは始まる。ありがちな例をトップに持ってきて親しみを読者に持たせようという試みなのかもしれないが、裏目に出ているように感じる。「写真・レポートを詳しく」、「落札者への印象をよくするためにリアクションにはすぐ対応できるように」、「少しでも評価を上げよう」……当たり前のことが書かれている。

しかし、これは伏線だった。
「これだけでは駄目」と別のレポートを手に入れるためのURLを提示して、「この方法を実践して確実に落札してもらっています!」との断言。つまり、URL先に置いてあるレポートを買って欲しい訳だ。何と巧みな、そして典型的な誘導商法か。

そしてその後にお決まりの「アフィリエイト」が登場する。ただ、一般的なものと少し違うのは、アフィリエイトで扱う品が「情報商材」というところだ。
しかし、「情報は金になる」とは言え、自分で作るのは難しい。そして、アフィリエイト広告をたくさんブログなりに貼りつけたところで、誰もその広告を見なければ買わないし、それだと儲からない。
では、どうするか。
そこで登場するのが先ほどと同じく著者が「参考にしている」ノウハウを置いてあるURLが示される。「コレはネットで稼ぐための教科書だ」と。

つまり、このレポートは、これ自体が広告なのである。アフィリエイト広告の一つと考えていいだろう。
「どんな有益な情報が書かれているか」と胸ときめかせながら読んだ人は腹立たしいかもしれないが、筆者から見れば「上手いことやっているな」というところか。こんな方法も、アリでしょう。


「【あなたの愛車もカスタム仕様!】  ネットでパーツ代を稼ぐ極意!!」
http://mag-zou.com/report_get.php?id=m1000003776_1&n=m1000000966
posted by sanjo at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。