2007年02月24日

あなたの告白が2.7倍うまく行く告白バイブル

「あなたの告白が2.7倍うまく行く告白バイブル」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4666/

「告白したい方必読のレポート」というサブタイトルがついたこのレポート、どのようなことが書いてあるかと思えば、のっけから世間話のようなノリである。お付き合いやプロポーズなど愛の告白は誰もが緊張しますよね?と。

そんな世間話風の文中に黄色のハイライトが入った一文がある。「少し大げさなくらいの告白でいい」。大げさすぎると駄目だと釘を刺しつつ、モゴモゴとしたネガティブな様子を醸し出すのはいけないと注意を喚起する。
そしてもう一度「少し大げさなくらいでいいんだ!」と繰り返し、「2.7倍うまく行く告白バイブルをポイントを絞ってまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?」……「2.7倍」というやけに具体的な数字の信憑性が一気に消し飛んでしまう瞬間である。

さらにこの後、このような恋愛事情も含めたメールマガジンをお届けしますとタイトルを紹介しているが、肝心のURLが記載されていない。もしかしたらPDFファイルの上ではハイパーリンクが設定されていたのかもしれないが、筆者のようにプリントアウトして読む人間には無効である。
このレポートはおそらくメールマガジンへの誘導を試みていたのだろうが、失敗例の見本となってしまった感がある。これからレポートを作成してアフィリエイトに臨もうという人は読んで反面教師にするのもよいかもしれない。


「あなたの告白が2.7倍うまく行く告白バイブル」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4666/
posted by sanjo at 01:26| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日給4万を恐ろしく簡単に稼ぐノウハウ大公開

「日給4万を恐ろしく簡単に稼ぐノウハウ大公開」
http://www.sugowaza.jp/reports/get/4100/2992/

このブログをお読みの人にはもう分かりきったこととは思うが、無料レポートを配布するスタンドサイトというものがあって、その中でも名を馳せているのが「スゴワザ」と「まぐぞう」である。記事冒頭のタイトルとともに記載したURLはダウンロードURLで、ご覧になれば分かる通り、これは「スゴワザ」で配布されているものである。

「恐ろしく簡単に稼ぐ」とは面白いフレーズをタイトルに使ったものだと感心しながらダウンロードしたものを見てみれば、違うタイトルが記載されていた。
「<まぐぞう完全攻略◎やるなら今しかない!>日給4万円を稼ぐノウハウ秘術!!」
「ノウハウ」で「秘術」とはこれも面白いが、もっと面白いのは「スゴワザ」で「まぐぞう」を攻略するレポートを配布していることだ。スゴワザでスゴワザを攻略しても仕方がないのは分かるが、何やらギャグめいている。

かなり初心者向けレポートのようで、たった2ページの小さなレポートだが「そもそも まぐぞう ってなに?という人に簡単な説明を」と最初の方に書いてある。スゴワザを利用してアフィリエイトを行なう人を相手にこれだから、随分な親切だ。
ブログ・メールマガジンで無料レポートを紹介→ダウンロードされるとポイントが貯まる→貯まったポイントに応じてメールマガジンが無料登録→アフィリエイトサイトに誘導……という手順を紹介した上で、無料レポートの書き方も簡単に解説している。

無料レポートはインパクト・購買意欲をかきたてる文で。
無料レポートにはご自身のアフィリエイト商材へのリンクを貼る。
ここまで書かねばならぬか、というほどの親切振りである。
だが、このレポートに書かれた内容を実践したなら日給4万円を稼げるかと問われたなら首を傾げざるを得ない。このレポートのタイトルは「インパクト・購買意欲をかきたてる」文の見本ということだろうか。


「日給4万を恐ろしく簡単に稼ぐノウハウ大公開」
http://www.sugowaza.jp/reports/get/4100/2992/
posted by sanjo at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SEO対策!ホームページビルダーでもここまでできる!

「SEO対策!ホームページビルダーでもここまでできる!」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4731/

親切なようでいて、不親切なレポートだ。読者がまず、ホームページビルダーのユーザーに限定されてしまっている。そしてそれは、実際に読み始めるまで分からない。表紙を見ても分からないのだ。表紙をめくって、大抵のレポートには添え書きされている全文や著作権に関してのコメントもほぼないままに、いきなりホームページビルダーの操作方法の説明に入っている。

操作画面の画像も入っていて一見親切だ。しかし、突然何の前置きもなしに「初期設定でタグを小文字に設定する」と言われても何故そうするのか、何のためにしなければならないのか分からない。
もちろん、その理由は書かれているのだが、色つきフォントで一応目立つように書かれているのだが、分かりづらい。理由の内容ではなく、理由を書いてある場所が分かりづらいのだ。

一応のところメニューのどこを選んでどのタブをクリックして、写真の画面を出して、このような操作をする、という手順は書かれているが、既にホームページビルダーを使用している人しか分からない書き方であるし、このレポートを読んで「よし、HTMLを覚えるよりホームページビルダーでやってみるか!」と決意する人もいなさそうだ。

無論、このレポートはホームページビルダーの販売を促進する目的を持って書かれたものではないからそれで構わないのだろうが、読んでいて歯がゆい。まるで、市場に出回り始めた頃のワープロの取扱説明書のようだ。きちんと必要な内容は書かれているが欲しい情報が頭に入ってこない。知りたいことが本文中にすぐに見つからない。そういう歯がゆさがある。

前書きがほとんどないレポートであるが、後書きのようなものは数行ある。その中にやはり書いてあった。実際にホームページビルダーを持っている人に具体的にどのようにすればいいのかを尋ねられて、このレポートを作ったのだと。最初からユーザーでない者は度外視されていたのだ。
テクニカルライターでもない者がそのような意識で書いたのだから歯がゆさは仕方がない。無料レポートに商品のような親切さを求めるものではないのだろうが、何やら読後感が釈然としないレポートであった。


「SEO対策!ホームページビルダーでもここまでできる!」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4731/
posted by sanjo at 00:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

緊急SEOレポートGooglePageRankが意味する驚愕の事実

「緊急SEOレポートGooglePageRankが意味する驚愕の事実」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4729/

Googleのページランクというものをご存知の人はどれぐらいいるのだろう。Webサイトをただ閲覧するだけの人はおそらく意識してはいないはずだ。だが一方で、Googleページランクを上げようと見えない部分で努力している人たちがいる。

このレポートではページランクの設定のされ方について解説している。Googleがどのようにして、何を基準にしてページランクをつけているかを、Googleの発表に基づいて説明しているのだが、要は、「自分からはリンクを貼らず、他サイトから多数のリンクを張られているページのページランクが高く設定される」ということである。
リンクを貼ってもらうために「相互リンク」というシステムがインターネット上には存在するが、それではページランクは大して上がらないということだ。

Googleが「重要度が高い」と判断したページから、しかも多数のページから一方的にリンクを貼られているページがページランク上位につく。しかしそれはほとんど不可能なことだ。
しかしそれを可能にするサイトがあるという。このレポートの最後にはそのサイトのURLが記載されている。
このURLにアクセスするか否か。それはこのレポートを読んだ当人次第というところか。



「緊急SEOレポートGooglePageRankが意味する驚愕の事実」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4729/
posted by sanjo at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀行の振り込み手数料を無料にする方法

「銀行の振り込み手数料を無料にする方法」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4727/

これはすごい。
こんなレポートもアリなのか、と、しばらく呆然としたほどだ。表紙を含めて僅か2ページ。しかも本文の活字はとても級数が大きい。

大きな字で何が書いてあるかと言うと……これを言ってしまうとこのレポートを丸写ししたことになってしまわないか心配なのだが、こういうことである。
「簡単に言えば新生銀行の銀行口座を作ることです」
簡単に言えばも何も、それ以外の情報がこのレポートにはない。

新生銀行を利用している人はご存知だろうが、新生銀行のインターネットからの振り込みには、月に5回までは手数料がかからないのである。それを利用しろと言っているのだ。
詳しくはこちらへ、というURLはもちろん新生銀行のURL。
どんなテクニックが書かれているのかドキドキしながらダウンロードした人にはとても気の毒で仕方がない。もしもそういう人がいたら、心中お察し申し上げますとしか言いようがない。


「銀行の振り込み手数料を無料にする方法」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4727/
posted by sanjo at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有料情報よさらば。初心者へ送るメルマガアフィリ黄金の無料レポート集

「有料情報よさらば。初心者へ送るメルマガアフィリ黄金の無料レポート集」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4677/

親切な無料レポートと言えよう。金を支払わなくても有用な情報は手に入るのだと、地道にがんばった人がその成果をお裾分け、という感じのレポートである。しかも初心者対象であるから、これからアフィリエイトを始めたいが何から始めていいか分からないが損はしたくないという迷える子羊のような人々の道しるべの一つとなるだろう。

レポートの内容は、本レポートの著者が実際に読んで優良レポートだと思ったもののタイトルとダウンロードURL、そして簡単な解説を付けた物が1セットとなっていて、それが7セット、つまり7本のレポートが紹介されている。
照会文は短く簡潔なので紹介されているレポートの内容が簡単に分かる上に無駄な時間を使わずにすむ。7本目、トリに紹介されているのが本レポートの著者が書いたものであるというのはご愛嬌といったところだろうか。

穿った見方をすればレポートの著者同士の相互リンクをレポートにしただけとも言えるが、無料なのだしダウンロードして読むだけ読んだとしても大きな損にはならないし、本当に役立つレポートであったなら大変な得をしたということになる。徳はあっても罪はないレポートである。


「有料情報よさらば。初心者へ送るメルマガアフィリ黄金の無料レポート集」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4677/

posted by sanjo at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

独自ドメインがついに無料!タダです!

「独自ドメインがついに無料!タダです!」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4675/

「独自ドメイン」が一体何であるか、「独自ドメイン」にはどのような価値があるのか、そして「独自ドメイン」には金がかかる、これらを知っている人でなければ、また「独自ドメイン」を必要としている人でなければ無用のレポートである。
逆を言えば、「独自ドメイン」を重要視し取得を絶対と考える人には必要とされるレポートであるということだ。

このレポートでは比較的新しいサービスを紹介している。マイクロソフトが提供する「Office Live Basic」がそれである。サービスを利用すれば「.com」「.net」「.org」の3種のうち1種のみ独自ドメインを無料で取得できるらしい。
独自ドメインの登録や維持(更新)には通常は手続きと費用がかかるのだがこのサービスを利用した場合にはそれらもまたマイクロソフトが肩代わりしてくれると言う。

さらには既に独自ドメインを取得済みの場合でもドメイン管理を「Office Live」に移行するとその後の更新料をマイクロソフトが負担してくれるらしい。うまい話である。
何故にこのようなうまい話になっているかと言えば、広告ビジネスが絡んでいるらしい。早い話が「Office Live」利用者は将来広告を出してくれるだろうと見込んでの先行投資ということのようだ。

この「Office Live」への登録の方法を本レポートでは詳細に解説している。本レポートを片手に操作すれば誰でも出来てしまうだろう。
だが、どうやら「Office Live」上では凝ったデザインのホームページは作成できないようだ。デザインがほぼ統一されているので「ブログのような感覚で」作成することが出来る、とkのレポートの著者が述べていることから分かる。「HTMLで細かな修正はできません」とも。

「初めてホームページを作成する個人」あるいは「小規模事業者(SOHO)」にとって必要と思われる機能は全て揃っている、とは言え、シンプルなホームページを望む場合は十分だろうが、例えばWebデザイナーなどが独立して事業所サイトを作成しようというような場合は役不足と言えよう。
あくまで初心者、あるいは簡易なもので十分という考えの人向けの情報であると考えた方がよさそうだ。


「独自ドメインがついに無料!タダです!」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4675/
posted by sanjo at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセスを集め易いブログ記事のコツ

「アクセスを集め易いブログ記事のコツ」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4711/

ブログ人口は爆発的に増えている。その多数のブロガーの中で「アクセスを集める」ことを意識しているのは全体の何%ほどいるものだろうか。試行錯誤する者はこのようなレポートを使っても学ぼうとするものである。

このレポートでは、ブログを書き始めて固定客もつくようになったが新規訪問者がなかなか増えない……と、ブロガーなら誰もが経験したことがあるだろう状態になった時にどうすればよいかを説いている。

確実にアクセスを集める方法があると述べている。それはいかなる方法かといえば、
「その時の話題の中心にいる芸能人の名前を使う」
ことである。ゴシップやスキャンダル、ワイドショーに名を連ねるカップルなどをタイトルに持ってきておいて、話題もそこから始めて本来書こうとしていたブログのテーマに繋げる、という手法を使えば「芸能ネタ」を求めてアクセスしてくる人が増えるという寸法である。

たとえどんな理由でアクセスしてきた者といえども、アフィリエイトの客にならないとも限らない。ときには不特定多数が群がる記事を用意するのも一つの方法である、と言うのである。
正論か否かは別の話として、手立てとして有効であることは確かだろう。このレポートを読んで実践するかしないかは読者次第である。


「アクセスを集め易いブログ記事のコツ」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4711/
posted by sanjo at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯アフィリエイト攻略!畑岡塾講師の携帯サイト無料HPリスト集

「携帯アフィリエイト攻略!畑岡塾講師の携帯サイト無料HPリスト集」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4705/

割とページ数の多いレポートであるが、びっしりと細かな内容が書き込まれているかといえばそうではない。ツールサイトを利用する際の手順等を画面写真入りで説明しているので、その写真の分文章は少ない。

また、書かれている内容も、ブログやホームページ作成ツールや、ホームページ作成サイトを使ったことがあるという人なら読まなくてもいいような、別の言い方をすれば初心者にとても親切で丁寧な説明である。
まずは携帯電話用のサイトをツールサイトを利用して作成し、携帯電話コンテンツ用アフィリエイトサイトに登録してそこで提携した広告を掲載する。
そして、広告ページを含む全てのページにアクセス解析をつけ、どのページにどのキャリアの持ち主がどれだけアクセスしているのかを把握できるようにする。

大体の内容はこうである。
そして最後に無料ホームページ作成サイトのURLがずらずらと羅列されている。
ホームページにもブログにも手を染めたことはないがこれからアフィリエイトを、しかも携帯版を始めたいという人には非常に親切な入門講座と言える。


「携帯アフィリエイト攻略!畑岡塾講師の携帯サイト無料HPリスト集」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4705/
posted by sanjo at 21:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガど素人が一夜にして読者を200人以上集めた方法

「メルマガど素人が一夜にして読者を200人以上集めた方法」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4684/

いや、素晴らしい。このレポートの著者に拍手を送ろう。この内容のレポートを実際に書こうというアフィリエイターはおそらく他に現れないだろうからだ。
メールマガジンの読者を様々な手段で増やしても一日では大抵10〜30人程度でしかない。それは何故か。自分のメールマガジンが多くの人に読まれていないからだ。

では、どうするか。このレポートの著者は考えた。
「読者の多いメールマガジンに記事を載せてもらう」
分かりやすい。実に分かりやすい。きっと誰もが分かっていることだろう。それをあえて表すところがこの著者の偉いところである。

この著者は自分のメールマガジンの読者を増やすために発行部数が多いメールマガジンの管理者に直接メールを送り、自分の無料レポートの紹介記事を載せてくれるように頼んだらしい。
著者いわく、「相手も生身の人間だから直接お願いされれば結構協力してくれるものだ」。

このレポートが言いたいことは「高部数のメールマガジンに頼る」ことではなく、高部数のメールマガジン管理者にお願いする勇気と行動力を持て、ということではないだろうか。
「分かりきったことだ」と笑うことはたやすい。実際に行なって成果を上げるかどうかは読者次第、というところだろう。


「メルマガど素人が一夜にして読者を200人以上集めた方法」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4684/
posted by sanjo at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

【超図解版】ライブドア徹底活用!トラックバック戦略(改定版)

「【超図解版】ライブドア徹底活用!トラックバック戦略(改定版)」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4664/

タイトルに「ライブドア」と入っているが、ブログを書いている人ならどのブログを利用していてもこのレポートは役に立たせることが出来る。要は「ライブドアのニュースにトラックバックする」ということがこのレポートが言いたいことの要だからだ。
ただし、このレポートはライブドアブログを利用していることを前提に話を進めていく。そうしないとブログの使用はレンタル会社によってまちまちでいちいち対応していられないからだ。

さて、このレポートで重要なのは第2章の「なぜニュースにトラックバックするのか?」である。ここだけ読んであとは読み飛ばしても構わないぐらいだ。
書く記事に合わせてニュースを選ぶのではなく、ニュースを選んでそれについての記事を書く。当然といえば当然だ。そこでニュースの選び方が説明されるのだが、「アクセスランキング」の上位に位置するニュースについての記事を書け、とこのレポートは指示している。そうすればそのニュースを読んだ人が自分のブログにアクセスする可能性が高くなるからだ。
自分が興味を持つニュースばかりをテーマにとっていてはアクセス数を稼げないということだ。

また、トラックバックするのはニュース記事そのものだけでなく、ライブドアニュースの場合は記事にトラックバックしているブログの一部分も表示されているので、そちらにもトラックバックする。
記事はきちんとニュースの内容に関わるものを書く、ニュースの内容に関係ない記事のブログにはトラックバックしない、そういう当たり前といえば当たり前のことも注意書きとして述べられている。

さて、何のためにこのようにトラックバックするかといえば収入を増やすためだ、とレポートの著者は述べている。アフィリエイトを目的とするブロガーならその答えも当然と言える。
しかし、この程度のトラックバックの方法はアフィリエイトブロガーなら常識の範囲ではないのだろうか。そうでもないのだろうか。
どこかで初心者アフィリエイトブロガーの役に立っていればいいのだが。


「【超図解版】ライブドア徹底活用!トラックバック戦略(改定版)」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4664/
posted by sanjo at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売れないページとは?」

「売れないページとは?」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4663/

アフィリエイトサイトの目的は「ものを売る」ことである。アフィリエイトサイトの運営者がしなければならないことは「売れるページ」を作ることであり、閲覧者に「商品を買いたい」と思わせることである。

非常に簡単なことのようで難しい。
そこで、このレポートでは典型的なアフィリエイトでの失敗例を、陥りやすい順に挙げていく、ということをしている。

広告だけを貼りつける、多種の広告を掲載する、ページの内容と合致しない広告を掲載する、広告のみのページを作るなど……陥りやすい例であるだけに、確かにWeb上でよく見かけるタイプの記事である。

逆に考えればこの失敗例の逆を行なえば成功例に転化できるということでもあるだろう。その店でこのレポートは非常に役立つと言える。


「売れないページとは?」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4663/
posted by sanjo at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RSS配信を導入する方法

「RSS配信を導入する方法」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4662/

先に紹介した「訪問者に提供すべきコンテンツとは」や「効果的な広告の位置はどこ?」と同じ著者によるものと思われるレポートである。先の2本と同様に、非常にコンパクトにまとまっていて、かつ有用な情報となっている。

RSS配信の簡単な方法として無料サービスサイトが紹介されている。そのサイトの仕組みを紹介することでRSSというもののあらましが分かるようになっている。
本文2ページ、関連無料レポート紹介が2ページの短いレポートである。自分が利用しているブログサービスにはRSS機能が付いていないがRSSの導入を検討している、あるいはブログ形式のホームページを運営しているがRSSファイルを作成するのは面倒だ、という人にはお勧めのレポートである。


「RSS配信を導入する方法」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4662/
posted by sanjo at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

効果的な広告の位置はどこ?

「効果的な広告の位置はどこ?」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4661/

素晴らしい。先に評価した「訪問者に提供すべきコンテンツとは」というレポートとおそらく同じ著者が書いたものと思われるが、これもまたコンパクトなレポートで、内容も簡潔明瞭、しかもニッチである。

アフィリエイト広告をホームページやブログに掲載している人なら知りたい情報がこのレポートの内容だろう。このレポートにより、「提供すべきコンテンツ」に書いた内容を立証している。どんな情報も必要としている人は少なくても必ずいるのである。

さて、このレポートでは「広告の効果はコンテンツのニーズと広告のマッチングで決まる」と述べられている。まずコンテンツがあり、その中に広告に頼らねばならないニーズが発生する場所の近くに広告が配置されていれば効果的である、と。

ブログというものの画面の構成や閲覧者の心理に言及し、理由を述べた上で著者は著者なりの結論を述べる。これは、なるほどと納得できる内容である。これまでアフィリエイト広告を掲載していたがやみくもにただ貼りつけていただけの人は、このレポートで開眼するのではないだろうか。

「効果的な広告の位置はどこ?」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4661/
posted by sanjo at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訪問者に提供すべきコンテンツとは

「訪問者に提供すべきコンテンツとは」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4660/

コンパクトにまとめられたレポートである。全4ページで、本文は2ページのみである。また、本文は簡潔で、情報提供の仕方の見本のようである。

本レポートの著者いわく、「個人のホームページはニッチ産業である」。ニッチ産業つまり隙間産業であるということだ。
ニッチな内容で本当にアクセスがあるのか?という疑問を持つかもしれないが、ニッチであることこそが望まれているのだ、と著者は言っている。

ネットサーフィンをする人は何か情報を探しているのである。だが、それが一般的な内容の情報であればわざわざネットサーフィンをしてまで探す必要があるだろうか?
答えは否。もしもそうであれば誰か人に聞くか、大手のサイトですぐに欲しい情報に行き着いて終わりだ。なかなか手に入らない情報、つまりニッチな情報を探しているからこそネットサーフィンをするのだ。
だから「ニッチな」需要を探してそのホームページを作ればアクセスは必ずあるからそうしなさい、という内容が本レポートの全てである。

「訪問者に提供すべきコンテンツ」は「訪問者が欲しているコンテンツ」である、ということだろう。


「訪問者に提供すべきコンテンツとは」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4660/
posted by sanjo at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パワーセラーが教えるヤフオクで安定収入の新発見♪

「パワーセラーが教えるヤフオクで安定収入の新発見♪」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4704/

力作レポートである。おそらく利用経験がある人口比率がかなり高いであろうヤフーオークション通称「ヤフオク」で小銭を稼いでいる人も多かろうが、このレポートの著者は見事にヤフオクをビジネスの場と昇華させている。
本レポートはそのノウハウが密集したレポート……の、抜粋である。しかし、抜粋要約版とは言え、ヤフオクをビジネスの場とすることを志す者には大きな指針となるのではないだろうか。

まずはオークションに参加する際に必要になる用語解説と参考になるサイトのURL。ヤフオク常連には常識であろうことも初心者には重要な事項となる。
そして、ヤフオクでの成功事例。成功例だけでなく、成功例を「良くない例」と並べて比較しているところが分かりやすくてよい。どこがどのようによいから成功したのかが初心者にも、ヤフオクを利用しているが上手くいかずに悩んでいる人にも分かりやすくて親切だ。

さらにはオークションに出品する値打ち物の仕入れの方法を具体例を上げながら説明し、成功の秘訣として「ありがとう」を示す。「商い」をする上で大切なことが述べられているのだ。無料レポートでここまで親切に述べられてはほかのレポート著者が困るのではないかと思うほどだ。

本レポートはあくまで「サンプル版」で、正規版の抜粋に過ぎない。しかしそれでもかなりの有用度であるし、これを読んで実践した人はきっと正規版を代金を支払って読むことだろう。丁寧で読みやすく、分かりやすいレポートである。

「パワーセラーが教えるヤフオクで安定収入の新発見♪」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4704/
posted by sanjo at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆◆◆芋づる式にアルバイトの娘を口説き落とすポイント◆◆◆

「◆◆◆芋づる式にアルバイトの娘を口説き落とすポイント◆◆◆」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4707/

ああ嫌だ。
冒頭からレポートの内容に触れる前にこういうことを言ってはいけないのだと大人の理性が筆者に告げるのだが、どうしても頭が拒否反応を起こす。
プリントアウトできない設定になっているレポートを読むのはひどく面倒で目が疲れる。レポートの著者は読み手に配慮して頂きたい。

さて、内容に取りかかる。
「アルバイトの娘」というのは自分が勤めている店舗等にアルバイトに来ている娘のことかと思いきや、そうではない。自分が利用する店舗、例えばコンビニエンスストアやファーストフード店等の店舗に接客係として勤務しているアルバイト嬢を指している。
何でもない日常を過ごす自分達には出会いがない、と嘆く者もいるが実はそうではない。日常に出会いは転がっている、と指摘する著者が「アルバイトの娘」との出会いをいかに大切にするかを説く。

そこで、著者はアルバイトの女の子を口説く際の大原則を6つ掲げる。
・当たり前だが、何か買わなければならない!
・買う時間帯は忙しくない時間を選ぶ!
・他の客がフツー選ばないような商品、メニューを選択!
・買う時に商品、メニューに関する質問をしてみる!
・女の子が話し好きかどうかを瞬時に判断する!
・連絡先をサッと教えて、印象が残る去り方をする!
つまりは慌しくない時に店舗に出向いて印象が残ることをして、名刺等を押しつけてくるということだ。この方法で手に入れた出会いというものを、著者はこの大原則の後に披露している。

携帯電話のキャンペーンガールとは連絡を取り合う仲になり、ある会社の受付嬢とメールアドレスを交換したそうだ。前振りの割りに実例が少なく、連絡を取り合う程度の仲にしか発展していないところがレポートのタイトルを大言壮語に感じさせる。

著者が言いたかったことは「出会いがないと思い込んでいる日常にも女の子と話す機会は山ほどある。視点を変えてちょっと一声かけていけばチャンスはかなり広がる」ということらしい。
「口説き落とす方法」というタイトルに惹かれてこのレポートをダウンロードした人はちょっと腹が立ったかもしれない。

ついでにもう一つ言っておくと、このレポートの著者が運営しているホームページのタイトルは「憧れのファッションヘルス嬢を口説き落とす禁断の黄金則」である。果たして著者はファッションヘルス嬢を実際に口説き落としているのだろうか。


「◆◆◆芋づる式にアルバイトの娘を口説き落とすポイント◆◆◆」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/4707/
posted by sanjo at 21:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

あなたは間違っていない?「血液検査表の正しい使い方」

「あなたは間違っていない?「血液検査表の正しい使い方」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3302/

この手のレポートも珍しいのではないだろうか。「血液検査表の正しい使い方」。血液検査をして、その結果が返ってきてもきちんと見て確認している人は意外と少なそうだ。そういう人たちへの警鐘となるレポートだ。
著者は臨床検査技師、検査のプロである。

血液検査を終えたら検査表が手元に戻ってくる。それには様々な項目と基準値、そして自分の数値が記録されている。
この「基準値」が落とし穴なのだと著者は警告する。
「基準値」とは」健康な人の数値を集め、統計を取った結果95%が含まれる集団の散らばりのことである。決して「正常値」と同一のものではないのだ。

そこで、「自分の基準値」を見つけておかなければならない。そこで健康な時に健康診断を受ける必要が出てくる。健康な時の数値を基準値としなければならないためだ。
しかし、健康診断とは保険適用外。費用がかさんで仕方がない。しかし、無料で行なう方法がないわけではない。
無料で行なう方法、社会保険適用で行なう方法、自宅で行なう方法。それぞれ、あるらしい。それはどのようなものか……知りたければ著者のブログにアクセスしなさい、ということだろう。最後にURLが記載されている。

結果としてこのレポートは広告だった訳だが、内容として語られていることは日常に密接で大切なものだと筆者は思った。一読しておいて損はないのではないだろうか。読んで健康への意識を高めるだけでも価値はありそうだ。




「あなたは間違っていない?「血液検査表の正しい使い方」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3302/
posted by sanjo at 18:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何をやっても痩せなかった主婦が3ヶ月で−12kg痩せた本当の理由

「何をやっても痩せなかった主婦が3ヶ月で−12kg痩せた本当の理由」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3313/

このレポートの著者は「AMDP公認ダイエットアドバイザー」の肩書きを名乗っている。「AMDP」とは一体何なのかの説明はこのレポートの中には一切書かれていない。
しかし内容はかなり専門的である。スポーツ科学の専門家でもないとこの著者の「穴」は見つけられないかもしれない。

著者は「マンツーマンダイエットプログラム」というサービスをインターネット上で行なっている。そこに相談を持ちかけてきたある女性がいた。
「某ダイエット食品を購入しようかと考えている」
しかし、その某ダイエット食品の効果について相談業務の経験上知っていた著者は購入を引きとめ、著者考案の家庭でも簡単に作れる特性ジュースをまず飲んでみてはどうかと勧めた、というところからこのレポートは始まる。

この結果、女性は2週間で3kgの減量に成功。著者は特性ジュースの秘密をこう明かす。
・飽きが来ないように複数のジュースレシピを紹介した。
・ジュースは野菜や果物をふんだんに利用するため、ビタミンやミネラルなどやせるために必要不可欠な副栄養素の補給が自然に出来る
・飲む時間を指定することで習慣化させた
・ジュースを飲むことで一日の栄養バランスを整え、間食を減らした

その後、女性が著者のサービスに正式に入会し、本格的なダイエット指導が始まる。著者は女性にあったダイエットプログラムを組み、女性に対して「何故このようなプログラムが組まれているか」を説明したと言う。むやみに行なうよりも、理を知ることはやはり大事なのだ。

まずは自分の現在の体重と生活習慣を把握して、よくないところを見直し、目標を設定する。そして、少々他のダイエットプログラムと異なっているのは、「停滞期を第一の目標」とすることだ。
減量をしていると、体重が一向に減らなくなる停滞期は必ずやって来る。そのときには「減らす」ことよりも「維持する」ことが肝要になってくる。しかし、適切なプログラムに従っていれば停滞期は長くは続かず、その後なだらかな減量期に移行していく、と著者は言っている。

プログラムを終えて、このレポートのタイトル通りに女性は−12kgの減量に成功したらしい。その理由というのは例えば食事制限をするなら「何故制限するか」を、特性ジュースを飲むなら「何故ジュースを飲むか」を、プログラムを実行する者がよく考えて理解して、そして実践することにある、ということをこのレポートは言いたいようだ。

そして、そのダイエットプログラムを知りたいなら著者が運営しているマンツーマンダイエットプログラムに入会しろと言うことも。



「何をやっても痩せなかった主婦が3ヶ月で−12kg痩せた本当の理由」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3313/
posted by sanjo at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪の毛でお悩みの方へ

「髪の毛でお悩みの方へ」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3278/

金儲けやギャンブルに関するものはあって当然だと思っていた。恋愛指南書の類を見たときには「ふむ、こういうのもありか」と感心した。しかし、ダイエットに関するものやこのレポートに出会ってはほとほと驚くばかりだ。
情報商材とは題材を選ばぬものなのだな。

さて、このレポートが薄毛で悩む人にどのような情報をもたらしているかと言うと、「育毛E-BOOK」なるものについてである。どうやら薄毛の人たちの間では話題になっているもののようである。私は初耳だが。
それを今(このレポートが発行された頃)購入すると、副作用ゼロの滋養漢方が無料でついてくる、ということを速報している。
期間限定だ、と付け加えてある。

その滋養漢方とはどのようなものなのかが次に解説される。「育毛E-BOOK」で提唱されている育毛に役立つ「ヒト成長ホルモン」を、この滋養漢方は分泌促進して、なおかつ副作用はゼロだと言うのだ。
これが、今「育毛E-BOOK」を購入すれば無料でついてくるから、今こそ買い時だ!……という、要は広告らしい。
「期間限定」というのがいつからいつまでと明記されていないしこのレポートが発行されたのもいつか分からないから、薄毛でお悩みの方にも既にこのレポートは無用の長物かもしれない。


「髪の毛でお悩みの方へ」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3278/
posted by sanjo at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。