2007年02月14日

ダイエットで陥りやすい罠。安全で健康にダイエット!!」

「ダイエットで陥りやすい罠。安全で健康にダイエット!!」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3319/

このレポートはもともとダイエットメールマガジンを発行している著者がその発行分への解説として書いたものだそうだ。
そのメールマガジンのある読者からの質問に対する回答として書かれた4つの項目を解説している。

その4つとは
・ストレスによる食べ過ぎのメカニズム
・食事制限による鬱症状
・糖分不足による不具合
・適度な運動は大事
これらの項目について、一般の流行的ダイエットものとは違い、いくらか科学的な視点を持って解説が加えられる。

ストレスを受けると人は大脳新皮質と大脳旧皮質の間にある「間脳」が、新皮質と旧皮質からそれぞれ正逆の指令を受け、対処しきれずに麻痺してしまう。そのため、満腹中枢が刺激されることがなく、いつまでも食べ続けてしまう、ということが書かれている。
この問題を解決するにはどうすればいいかは、別のコーナーにて、と書かれているが、このレポート内にはそのコーナーはない。発行中のメールマガジンを読めと言うことだろうか。

食事制限による欝はストレスによるものもあり、糖分不足のためのものもあり、ホルモンバランスの崩れによるものもある。
それぞれどんな仕組みで鬱症状へと繋がるかの解説はあるが、解決方法はやはり書かれていない。

糖分不足による不具合については鬱症状の解説の中で語ったとされている。脳が糖分不足になって上手く働かないという理屈だ。
そして適度な運動は大事。身体を動かすのはとてもいいことだ、動けば気持ちは前向きになる、とのこと。

これらを述べた後、著者は自らが実践しているという気功と風水を勧めている。何故かここで、これまで述べられていた比較的科学的な解説がいきなりウソっぽくなる。いや、気功や風水を否定するわけではないが、どうも前後の内容のバランスが取れていないのだ。

著者はダイエットに関するメールマガジンの他に、気功についてのメールマガジンも発行しているそうだ。興味がある人はどうぞ。


「ダイエットで陥りやすい罠。安全で健康にダイエット!!」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3319/
posted by sanjo at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋愛登竜門!好みの女と一瞬で打ち解けられる秘密と女心の仕組み

「恋愛登竜門!好みの女と一瞬で打ち解けられる秘密と女心の仕組み」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3327/

「恋愛心理コンサルタント」が書く恋愛指南レポートシリーズの一つだ。さすがに構成も文章もよみやすく仕上がっている。それは、実践する内容がさほどの難関でもないということも手伝っているのかもしれないが……。

このレポートは女性との「ファーストコンタクト」に焦点を置いている。初めて会った時に相手の女性が男性のどこにどのような第一印象を持つかが重要であると言っている。女性はどこに惹かれて男性に落ちるのか。
それは「外見」である。恋愛心理コンサルタントは断言している。
ここで「やっぱり顔やスタイルが問題なのか?!」と不平を言うのは慌てンぼうがやることだ。ここで言われているのは「外見」であって「姿形」ではない。

生来の見目のよさではなく、身につけている洋服などの高価さではなく、あくまで大切なのは「清潔感」、「品のよさ」、「爽やかさ」と言った要素である。
これが判りやすいように、自分に上記3点の要素がきちんと含まれているかどうかのチェックリストが掲載されている。そのチェック項目は「ヒゲはきちんと剃ってあるか?」や「髪が長すぎたりフケがついていないか」などの日常的なものである。特別なことをしろとは言ってはいない。

ファーストコンタクトで好印象を与えるのは決して難しいことではないことを、ここでは説いている。
では、第一印象で好印象を与えた後、実際のコンタクトはどのようにするか。

コンタクトの具体的な内容は「メッセージを伝える」ことであり、それは主に「言葉と表情」によってである。
言葉で好印象を与えるためのチェックポイントが9つばかり上げられている。声のトーンや離すスピード、十分な声量などなど、挙げれば細かいが一つ一つ気をつければなるほど好印象になるだろうというものばかりが挙げられている。

そして、終盤では非常に大事なことが述べられている。「自分がどう見られているか」ではなく「自分自身がどういうメッセージを伝えているか」だ、ということだ。自分がどのように見られているかを気にするよりも、コンタクトすることで相手の女性に喜んでもらい、楽しんでもらうことを考えることが、女性をリラックスさせ、好印象を与えることになるのだ。

そして「会話」は「聞くこと」である。相手の話を「聞き」、相手のことを「聞く」。「質問+感想」のスタイルをとるだけで会話は十分なものになる。

このようにこのレポートは淡々と明瞭に述べているが、これは何も相手が異性の時に限ったことではなく、誰と接する時にも応用できるものである。人との接触が苦手だと言う人はこのレポートを参考にしてみるのも一つの方法だと筆者は思った。


「恋愛登竜門!好みの女と一瞬で打ち解けられる秘密と女心の仕組み」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3327/
posted by sanjo at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「この人ならHしてもいいかな」と女性に思わせる【禁断】テクニック

「「この人ならHしてもいいかな」と女性に思わせる【禁断】テクニック」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3225/

女性の心を掴んで離さないためには女性の裏の裏の心理を読み取る必要がある。このことは大部分の男が知っているだろう。そして、出来ずにもがいているのだ。
だが、裏の裏の心理というものには、女性本人も気づいていないものだとこのレポートの著者は言う。その本人すら気づいていない無防備な部分にアプローチするノウハウがこれから述べられる。

そのためにすべきことは何か。それは「世界中であなただけを気にしているというメッセージを発する」ことだそうだ。これは具体的には「女性が一番気を使っているのに男性の誰も指摘してくれない部分を、自分だけはほめる」ことなどがそうだ。
女性は髪の手入れやセットの仕方、アレンジなどにかなり気を使っている。しかしこれに気づいて声をかける男性は少ない。「ほめる」男性などほとんどいない。

そこで、いち早くそれに気づいてほめてあげる。そうすると女性の心はぐんと傾いてしまうのだ、と著者は自信を持って述べている。そして断言している。それは「髪は女性のアイデンティティだから」だと。
だから髪をほめられると女性は「私だけをちゃんと見てくれている」と思うのだそうだ。

「私だけを」、これが最重要点であり、「私だけを認めてくれている」ということに感動し、心を許してしまうと女性は身体まで許したくなります、とここでも著者は断言している。著者は男性のようだが女性の心理を断言している。よほど自信があるのだろう。
女性の心と身体は男性ほど分裂していない。そう結論付けて、その先は別のレポートに譲ると言う常套手段で締めくくっている。

間違ってはいないレポートなのだろうが、この手のレポートは皆タイトルが大仰だ。このレポートなども【禁断】というほどのものでもないだろうに。


「「この人ならHしてもいいかな」と女性に思わせる【禁断】テクニック」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3225/

posted by sanjo at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

ナンパせずにできた!女の子との理想の出会いをザクザク見つける方法

「ナンパせずにできた!女の子との理想の出会いをザクザク見つける方法」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3210/

恋愛指南書とでも言うべきレポートは数多くあるが、恋愛指導者のような肩書きもたくさんあるようだ。このレポートの著者の肩書きは「恋愛心理コンサルタント」である。いろいろいるものだ。
その「恋愛心理コンサルタント」が「ナンパできない男」に「女の子との出会い」を見つけるための方法を教えるのが本レポートである。

本レポートではインターネット上の無料サービスを利用しての出会いを推奨している。と言っても出会い系サイトのことではない。コミュニケーションツールを利用するのだ。
そのツールとは、Yahoo!チャットであったり、MSNメッセンジャーであったり、Skypeであったり……無料で使えてユーザーの数も多いものだ。そこが狙い目でもある。

先に述べたようなコミュニケーションツールが都合6種類紹介されていて、それぞれのツールによって出会いを見つけるコツがちがうので、それが各々詳細に述べられている。
例えば「新規登録者を狙う」。新規登録者はツールを使い始めたばかりで誰からもメールやメッセージをもらったことがない。だから一番乗りでメールなどを送ればそれだけで好印象のはず。そしてメールを何通かやり取りした後、メッセンジャーだのチャットだので「会話」をする段階に進む。
「会話」をすればより身近に互いを感じられるようになる。こうして女性と仲良くなるのだそうだ。

なるほど、街に出て道行く女性に声をかけるなどと大胆なことが出来ない男性でも、女性とお近づきになりたいと言う気持ちさえあればこれらのことは出来るだろう。インドア派の男性には朗報だったのではないだろうか。
また、このレポートの著者は構成や文章が上手い。読みやすく分かりやすいのでその点でもこのレポートは優良である。


「ナンパせずにできた!女の子との理想の出会いをザクザク見つける方法」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3210/
posted by sanjo at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの娘を”コロッ”とイカせてしまう方法

「あの娘を”コロッ”とイカせてしまう方法」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3207/

「ゲットする」や「オトす」を通り越して、いきなり「イカせて」しまうのか?!と、タイトルを見て下半身を緊張させてしまった向きもいるかもしれない。
しかし、残念なことに(?)このレポートはセックステクニックについて書かれたものではない。「コロッとイク」というのは「簡単に自分になびかせる」ぐらいの意味のことを言っているのだ。

つまり、このレポートも「モテ方」について論じているのである。このレポートの著者は「ギャップを使え」と言っている。
最初からいい格好を見せようとするな、むしろ最初は格好悪く見られるぐらいの方がいい、そして徐々に本気を出して実力を見せ、一気に自分が持たれていたイメージを覆すのだ。最初に相手の女性に見せた格好悪いイメージと、後でそれを覆した時の好印象、そのギャップに女の子は「コロッとイク」のだそうだ。

そのような内容のことが、まるで初めてホームページを作った人のそれのように短い文章をずらずらとセンタリングして並べてある。著者名もなければURLもない。誰が何のために書いたのか分からないレポートである。


「あの娘を”コロッ”とイカせてしまう方法」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3207/
posted by sanjo at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モテる男】が例外なく身につけている「考え方」

「【モテる男】が例外なく身につけている「考え方」」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3114/

「女性は女性でしかない」。
そう思っているとしたら永遠にモテ人生とは無関係かもしれない。
こういう少々ショッキングな話題から始まるのが本レポートだ。

まず押さえておかなければならないことを、このレポートの著者は3点挙げている。
・女性は、女性ではない
・女性は、人間である
・女性は女性であることにうんざりしている
なかなか重みのある箴言のようではあるし、この後展開される論もある程度正しい。

女性は思春期を迎えると身体に変化が起きて、それと同時に男性からはいやらしい視線や態度が与えられる。女性は女性として扱われ、ただの人間として扱われることがなくなっていく。このように著者は言っている。そして女性は人間として扱われたがっている、女性は女性らしい振りをしていなければならないことにうんざりしているのだ、という著者の分析はおそらく当を得ている。だが、致命的な間違いを、冒頭に述べてしまっている。

女性は女性ではない。これは間違いである。こんなことを言われた女性は8割以上の確率で気分を害するだろう。これを正しく言うなら、「女性は女性であるが、その前に人間である」ということだろう。
いずれにしろ、女性を女性としてだけではなく、一人の人間として見られるか。女性の女性としての仮面の必要性を、女性自身に感じさせない存在になれるか。それがモテる男となれるか否かの分かれ道であることは、このレポートの主張するところに間違いはない。

このレポートに限らず、「モテる」だの「オトす」だのの言葉を冠したレポートで述べられている重要点は、「女性を性欲の対象として見てはいけない」ということだ。実に単純だが、男にとってはかなりの難題である。だからこそさまざまな場所で教訓とされるのだろうが。


「【モテる男】が例外なく身につけている「考え方」」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3114/
posted by sanjo at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女心を掴む私の心を動かした反則逆手メール術

「女心を掴む私の心を動かした反則逆手メール術」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/2816/

たった5ページの簡潔なレポート。そのうち2ページは例文に割かれている。そして、例文の後に大きな字で結論が書かれている。それも短文。実に分かりやすい。

例文はただの「男友達」としか思っていない男性と著者との他愛ないメールのやり取りがつづられている。しかし、このやり取りが終わる頃には著者は相手の男友達をかっこいいとさえ思うようになったという。
この男友達が取った態度とは「気持ちをストレートに堂々とした態度で言う」である。

そこで結論。
「女は堂々とした、真っ直ぐな男が好きなのです。女々しい男は問題外」。
実に、実に読みやすく分かりやすいレポートであった。


「女心を掴む私の心を動かした反則逆手メール術」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/2816/
posted by sanjo at 01:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブ男が恋愛に向いている出会いの場 徹底検証!

「ブ男が恋愛に向いている出会いの場 徹底検証!」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3010/

引き続き「恋愛システムエンジニア」監修のレポートである。「ブサイク」「ブ男」シリーズだ。やたらとページ数が多い。プリントアウトして読む人はダブルクリップやホッチキスで留めにくくて嫌なのではないだろうか。

どうやらこのレポートはメールマガジンでの連載記事をまとめたもののようだ。第1回講義から第4回講義までがひとまとめになっている。このページ数と文章の多さなら第1回からそれぞれ1回ずつを一つのレポートにした方が読者の方は気楽に読めたのではないだろうか。
また、「講義」と題しているだけあって、学校の授業のように無駄話が多い。要点だけ述べろと言いたくもなる。

第1回講義は「何故出会いが上手く行かないか」の例を挙げるに終始している。どうやれば上手く行くのかは第2回に譲られる。
第2回で語られるのは、女性とであった瞬間に自分の印象をいかによくできるか、ということだ。ここでは「白か黒か」という言葉でで象徴させている。話がまわりくどくてそろそろ読むのが嫌になってくる。
第3回は女性を誘い出すことを「スカイダイビング」に例えての話だ。言わんとしていることは分かるが、これも非常にまわりくどい。文章を読むことに慣れていない、読解能力の低い人などはこれ以上読んでくれなさそうだ。
第4回。著者が「師匠」と呼ぶ「600人斬り」をやってのけたという友人を例にとって「出会い」の場を広げる話。著者はどうやったか。「これ」を使って出会いの場を芋づる式に増やしたらしい。「これ」とは別のレポートのようだ。URLが記載されている。

あとは著者の成功談が続々と始まる。この成功は「これ」のお陰、この経験は「これ」のお陰……といくつもURLが登場。
そして、そうして著者自身が身につけたノウハウは別のレポートになっているらしい。色々詰め込んだら200ページになったなどと自慢げに書いてあるが、おそらく半分は無駄話だろう。本レポートを読んでいれば想像がつく。

巻末には著者ではなく「監修」をした「恋愛システムエンジニア」のコメントがつく。
「今回の無料レポートは出会いを以下に効率的に増やすかのヒントになれば幸いです。出会いを増やす決定版的ノウハウです」……つまり、このプリントアウトすると分厚くなる読むのが面倒なレポートはこれだけを言っていたのだ。著者と監修者の文章力、まとめ方の上手さの差が明らかな1ページである。読むのはここだけでいいような気もした。


「ブ男が恋愛に向いている出会いの場 徹底検証!」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3010/
posted by sanjo at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性を落とす確率が3倍に引きあがる告白の方法

「女性を落とす確率が3倍に引きあがる告白の方法」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3009/

さて、このレポートのタイトルには、もう少し前ふりがくっついている。タイトルを全て書き出すとこうである。
「ブサイク男が開眼した女性を落とす確率を3倍に引きあがる告白する技術」
多少文法上の間違いがあるがそこは目をつぶろう。注目すべきは「ブサイク男が開眼」である。悟ったのである。仏の境地である。

開眼した著者はまず、自らの経験談を語る。それは勿論、失敗していた過去のことから始まる。落とせないスパイラルにはまらないためにはどうすればいいのか経験から著者が悟ったのは、「告白をフィナーレだと考えている」ことは間違いである、ということであった。
告白をして、女性からの返答を○か×かでしか許さないというのは玉砕への道を自ら築いていることになるというのだ。

告白をして断られても「高い要求をしてから譲歩」という方法を取っておけば、それっきりにはならない。二度目の告白のチャンスが待っている。
つまり、告白とはたった一つの点ではなく、線として考えねばならぬというのが著者の考えだ。
告白をしてしまって楽になりたいのはやまやまだが、焦って告白しても女性の方は自分ほど気持ちを募らせてはいない。女性の方にも自分への好意や信頼を築く時間を与えておかなければならない。
そして、いざ告白というときの不確定要素を限りなく排除する。

そして、最も大切なことは女性を「射程圏に入れて」からキメにかかるということだ。負ける要素がある勝負はするなという諸葛孔明と同じ理論である。
告白前に自分が相手の女性に「いい体験」をさせておき、十分に行為を持ったところで、こちらの好意を伝える。それが安全策である。

以上が開眼した著者の「女性を落とす確率が3倍に引きあがる告白の方法」だそうだ。何と比較して、何を根拠にして「3倍」なのかは、この手のレポートのタイトルにありがちな通り、一切が謎である。


「女性を落とす確率が3倍に引きあがる告白の方法」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3009/
posted by sanjo at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

ブサイクがかわいい女を落とし続けている口説きの4ステップ

「ブサイクがかわいい女を落とし続けている口説きの4ステップ」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3007/

このレポートの著者は「恋愛システムエンジニア」だそうだ。恋愛術にもいろいろなプロがいるものだ。
その恋愛システムエンジニアが掲げる4つのステップとは次の通りである。

・好感度を積み重ねる
・女性の心を開かせる
・男としての価値を植えつける
・女性に行動してもらえるように自己説得させる、感情を動かす

このようにまず4段階を示しておきながら本文ではこれを順を追っての説明という方法を取っていない。現実に起きる事例というのは必ずしもこの順番通りに物事が起こるわけではないから、リアリティを追求すればそれも仕方がないのかもしれないが、ページをいったり戻ったりしながら読む必要も出てきて、少々つらい。

簡単にまとめてみると、「いきなりメールアドレスを聞いたり食事に誘ったりするな」ということだ。それらは勇み足に過ぎない。もっと相手にとっての自分の高感度を上げて、相手の心を開かせて、自分の男としての価値を理解させてからの行動だ、と言っているのだ。

男性・女性の関係よりもまず人と人との関係になって親しみを持ってもらう。そうすれば相手は心を開く。
女性がどのような男の親しみを感じるか? それは女性をすぐに恋愛対象として見ない余裕がある男だ。狙う女性にはまずそのように認識させるべきだ、とこのレポートは言っている。

さて、その段階に達することが出来たら次はどうするか。
そのノウハウは細かく段階別に別のレポートにまとまっているからそちらをダウンロードするように、とのことだ。きちんと巻末にURLが記載されている。
4つのステップの詳細を知りたい人はそちらへどうぞ、ということだ。


「ブサイクがかわいい女を落とし続けている口説きの4ステップ」
http://www.sugowaza.jp/reports/tpas/2541/3007/
posted by sanjo at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。